読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人うどん。


私は小心者で寂しがり屋ですから、滅多にひとり飯をしません。

1人でご飯を食べると寂しいですし、1人でご飯を食べる人を尊敬します。嫌味ではないです。ほんとに私は、気が弱いんです。

昔、1人ででぶらついて居た頃、お腹が空いて、街で美味い[うどん屋]でキツネうどんと稲荷寿司を食べました。この店は毎日凄く繁盛して居たので、食べたらすぐに出ないといけなかったくらい。私が食べたうどんで一番美味いと思います。麺が私好みの細くて汁は甘い濃い味でした。今はその店は閉店しました。


推測ですが。

ここの、人気記事を見たら、スマップの記事が人気です。

ここに来られた方はスマップを検索して、来られた方が、多いと思いました。

ありがとうございます。こんなつまらないブログに足をはこんで来られた方に感謝します。

スマップは解散したのにまだまだ人気は落ちていないようです。

そりゃあそうです、国民的な人気があったグループだからです。

改めて再確認しました。

中居さんの番組はゴ-ルデンになったり、香取さんの番組も時間帯が、今度変更になるそうですが

番組を無くなる時って、だいたい番組の時間帯を変更する場合が

多いと思うのは、テレビ局のやり方だと、長年、テレビを観察して私はそう思います。

中居さん達の番組が終わらないのを祈って居ます。私は2人の番組が

終わってほしくて意見を言っていません。心配で言って居ます。

何故このような事。

千葉で起きたペドフィリアによるベトナムの小学生のへの殺人は、日本の恥です。何もわからない、女の子への性的暴行及び殺人には、ほんとに頭に来ます。

犯人は自分の欲望を我慢しきれず何もわからない、小学生に対し、あんな事を。何もわからないまま、死んでいったあの子は、もう両親や兄弟の元に戻れない。犯人は幼い頃からずっとその土地に今まで住んでるらしいけど、親しい幼馴染みとか居ないそうですけど、そんなのペドフィリアとは何の関係もないかと。地域にしっかりと馴染んで居ても、ペドフィリアにはなる人は居ます。

私も子供の頃、一回床屋に髪を切りに行った床屋のお兄さんからストーカ-された。床屋に行って、10代から20代のお兄さんに髪を切られ色々話しかけられた。その後、(学校の帰り道が床屋の通りにあって)学校の帰り道に毎日、視線を感じた。そうしたら、その私の髪を切ったお兄さんが

床屋のドアにへばり付いて居て、私が帰るのをじっと見て居たのを数回感じとって、幼い私でも、さすがに、気持ちが悪くなって、学校の帰り道をかえた。子供ながら気持ちが悪かったから。帰り道は表通りが良かったのに。

ムカついた。

O村市は景色は良い所ですが、訪れた感想は、観光地じゃない、ぶん、余所者には冷たいと、親切にしないと感じたり、思いました。
傷つきましたよ、特におばさんに!!ほんと、ムカつきました。もっと、色々感じ思い体験もしましたが、ここには書ききれないです。
いやな、思いをしました。観光地でない土地には、二度と行きたくないです。

ストレスに

上の家は家族四人暮らし。 一年中朝から晩まで、シ-ンとして居る。
行事があろうとも、クリスマスも大晦日も正月も、いつもシ-ンとした、気持ちが悪い家。不気味な家である(隣人達から)私の家は近所の通り道になってるから。ここに引っ越して来た時は、嫌がらせ受けた事もある。この間、家人が23時30分に大をした。トイレは上の家の夫婦が、寝て居る部屋に、近いのかもしれませんがね、家人が大をし終わった後に、水洗の水を流した後、家人がトイレから、出終わった後、上の家の父親が、[うるさい~!!]と怒鳴って居たのを聞いて私は生活音ぐらい我慢しろと思うのだか、
上の父親が怒鳴った声を、家人は聞いていない。トイレからすぐ離れたからだ。私はトイレの隣の部屋に寝て居たので 、しっかり聞いた! 家人に私が
その時の状況をいくら話しても、信じてはくれないだろう。自分に聞こえて居ないのだから。自分に聞こえて居ない声を、家人達は、絶対に信じない癖があるのが欠点なのだ。 私は腹が立つ。上の家族に!いつも、年柄年中シ-ンとして居るお前らが、不気味と思ってるから。日曜日も土曜日も昼間も、話し声も聞こえない家って!1人暮らしじゃないのに(笑)家族四人暮らしだよ、生活音もしないんです。ぽんとは、幽霊が住んで居るのかも(笑)生活音で大阪で殺されたシングルマザーとお母さんが二人居たでしょう、あの話はムカついた!

なんで

言うことがころっとかわる人間が居るのか、

妹の事だけどね〜自分勝手というか、ちょっと我がままな性格してるんだよね、

そして腹黒いタイプで、すぐ思った事を言う私と

反対の性格をしてる。気難しいし、私がする話しをすぐ信じなくて

自分がその証拠を見るまでは信じない、ぐたぐた屁理屈を言われる。私が知ってる事をさも私が知らないと思ったりしての反論が多い、会話に時間を食う

少し性格が変わってる。